ソール補強


更に、長年履き汗や汚れ、手入れでは落ちきれないものを、新しいインソールに交換修理することが出来ます。 更に、みなさんにもまだまだいろいろな靴修理して欲しい場所があるでしょう。 靴のファスナー交換をして欲しいという人たちもいらっしゃるでしょうし、縫い補修をして欲しいという人たちもいます。靴に使用している金具関係の修理という場合もあります。

靴の底靴がきつい場合、専用機械に一定期間入れ、強制的に靴をのばしますとていうのも靴修理のひとつの方法です。磨耗によりすり減ってしまったヒール全体を交換するという場合も、是非、靴修理業者にお任せください。

今回、ここでは、ソールという部分に注目してみましょう。革靴の靴底の部分がソールであり、革靴のパーツの中でも非常に重要な場所と言われています。靴を購入するとき、耐久力も重要ですが、ソール補強という意識も、私達は意欲的に持つ必要があります。ソールは、6つの種類があります。それは、レザーソール、クレープソール、合成ゴムソール、ラバーソール、スポンジソール、ラグソールです。

「レザー底」と「ゴム底」に分けることも出来、歩きやすさを優先して靴底にゴムという場合があり、逆に、ドレッシーな雰囲気なら、革です。