Menu

靴の寿命

0 Comment

リフト交換という場合は、ヒール先端(リフト)のゴムがすり減って金具が出てしまった靴を交換します。さらに減りにくい強化素材の修理も可能です。ヒール巻きの修理は、 階段にぶつけたりした場合、めくれてしまいキズが付いた靴のヒール部分を新しい革やヒールに交換をします。ヒール交換・固定では、履きすぎてしまい、ヒールがなくなってしまっているものに対して、新しいものを交換し、もとの高さに戻すことが可能です。

前底の補強では、ソールがすり減ってしまい薄くなってしまった部分に対して、ゴムや革素材の前底を貼り付けしていきます。

みなさんは、ついすり減りの激しいソールをそのままにしておくこともあるかもしれないですが、そのような靴は、相当リスクが大きく、雨でない日も簡単に滑ってしまう事故が起きてしまうかもしれません。靴とは、事故を起こさないためにも、一番理想的なものをいつも履くという意識が大事なのです。

日常生活において、身体全部を支えているのは間違いなく靴であり、大事なことは言うまでもありませんが、ケアのモチベーションを持たなければ、相当日々、疲労で悲鳴をあげていることでしょう。靴は、放置しておけばすぐに寿命を迎えるものなのです。