Menu

オシャレの決め手

0 Comment

外回りの営業マンであったり、歩くことを優先する場合はゴム底のソールを選択するのかもしれませんが、そのときビジネスマンが持たなければならないのは、タイムリーにソール補強する意識を持つことです。デザイン優先やフォーマルユースをメインにしたものを選択した人たちは、それほど歩いて靴を傷めることはないのかもしれませんが、それでも靴を大事にする思いが強いほど、ソール補強という意識は、必然的に出てくるものです。

レザーソールの革靴をラバーソールに交換するということも、靴修理業者に依頼すればすることが出来ます。ラバーソールは、天然ゴムや合成ゴムで作られた靴底のことであり、天然ゴムを加工、波のような模様を付ける「クレープソール」、合成樹脂に発泡剤をまぜ加熱した「スポンジソール」などがあります。

ドレスシューズからブーツまで幅広くそのようなソールが使われており、 合成ゴムと同じメリットデメリットとも考えていいですが、特性にはそれぞれ違いがありますので、扱い方にもある程度注意をしなければなりません。

まさに、いま、靴修理という意識を持つことで、みなさんのオシャレも完璧になるのではないでしょうか。最後のオシャレの決め手は、靴修理なのです。

参照サイト・・・靴修理